FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ IS(インフィニットストラトス)の感想まとめ

最初からそうだったが最後までそうだった・・・


最初から言ってただろ! ISはただのキャラ萌えアニメでロボ要素はおまけ程度だったってことなんだよ!!!!


なんだって!!





視聴を始めた当初に自分で語った感想そのままで最終話が終わってしまった 俺も何を言っているか分からないと思うが俺自信よく分からない^^;


よく分からないまとめもないと思うので一話からまとめ直してみる

一話 

最終話の戦闘を冒頭に持って来て視聴者の話題をかっさらう

一夏 藍越とISを間違えてしまいそこで男手初めてISを起動させIS学園入学

IS学園にファースト幼馴染 箒と再会

何故だかよく分からないがモテモテ その結果クラス代表だったセシリアに喧嘩を売られクラス代表を賭けて勝負することに


二話

ISに関しては素人なので色々学ぼうと思っていると 同じく素人の箒に剣道の特訓をつけられる

箒といちゃいちゃ 箒さん木刀や竹刀で人を殴ったり振り回したりするのはいけません

そんなこんなでクラス代表戦 剣道の練習しかしてないので案の定遠隔攻撃に苦戦

しかし 半端ない才能があったのかビームをかわし始める一夏

セシリアを追い詰めた所で時間切れ ちなみに一夏は負けました

何故だかよく分からないがセシリア 一夏に惚れる


三話

セカンド幼馴染 鈴が二組に転校してくる

何故だかよく分からないが箒と鈴とセシリアで ファースト幼馴染 セカンド幼馴染 それ以外で論争になり喧嘩

結果 一夏とクラス対抗戦で対戦することに


四話

ISの特訓は続けていたみたいだが それは当然ながらIS素人箒による剣道の特訓なので案の定鈴に苦戦

鈴の空気を圧縮して飛ばす見えない攻撃に大苦戦

何故だかよく分からないが慣れてきたのかかわし始める一夏

そこで無人機の乱入 視聴者は無人機と分かっているがありえない機動をすることから勝手に一夏 鈴は無人機と断定して零落白夜(絶対死なないシールド貫通して切れます とても危険 人間には絶対使用しないように)を使って落とすことに

練習不足からか零落白夜を外す一夏 それはフェイントで実は対抗戦を行っていたコロシアムの防護シールドを切ったのだった

その切れたシールドからセシリアが不意打ちで攻撃 ようやく機能を停止する無人機

フルボッコの無人機 倒した後に見たが本当に無人機だった結果オーライよかったね


五話

世界で一人だけだと思われていた 男のIS乗りがもう一人いた その名はシャルル・デュノア

IS学園に二人しかいない男なので 接近して仲良くなろうとする一夏

そんな折 本当は好きな癖に素直になれない箒 図らずも一夏に男と女は同室はおかしいと言ってしまい 丁度よく男のシャルルが名乗りを上げ 箒退場

やっとISの訓練風景登場 見本として鈴とセシリアタッグで山田先生とバトル(何故鈴とセシリアがタッグなのかはよく分からない 作者的には二人はセットなのだろうか・・・)

専用機持ち二人対量産型一人 圧倒的不利の中 鈴 セシリアのコンビネーションの隙を突き 山田先生が勝利

山田先生曰く 「量産型といえど 使い方次第だ」と

一夏とシャル一緒に行動していく中で仲良くなったが 着替えは絶対別なシャル

そんなシャルが実は男ではなく 女だったで引き


六話

引き続き男ではなく女だったシャル 何故だかよく分からないが自分はフランスのスパイで世界に一人だけしかいない男のIS乗り一夏さんの生体データを取るために女を偽って男と言っていたと告白

当然 先生に報告ししかるべき処分を受けさせるかと思いきや 独断で許す一夏

バレた以上祖国に帰る場所は無いとシャル 一夏「ここにいればいいさ」

ここで惚れたのか シャル「私のことはシャルロットって呼んで」(シャルルは偽名でシャルロットが本当の名前)

何故だかよく分からないが翌日 教室で紹介されるシャル

シャル曰く 「実は男ではなく 女なんです シャルルでなくシャルロットといいます」

一夏 なんでわざわざみんなにもバラしてるんだよとツッコムのではなく よかったなとしみじみ


七話

ドイツからの転校生 ラウラ・ボーデビィッヒ 転校早々一夏さんに宣戦布告として殴る

ラウラは千冬に多大な恩があり惚れていて その千冬が目をかけている一夏に嫉妬しているらしい

そのラウラ 実はドイツが軍事用に人間を強化して作った試験管ベビーであり 今まで様々な過酷な訓練を行ってドイツNO.1に上り詰めたのだが時既に遅し 時代はISが主流になっており従来の軍事兵器は役立たずになってしまっていた

従来の軍事ではNO.1だったが ISとなるとまた別であり 思うように成果が残せないラウラ

そんな中 千冬がドイツに教官として派遣されてくる

戦略 戦術 戦闘 どれをとっても超一流の千冬の指導のお陰か ラウラはISでもドイツ代表候補生まで上り詰める

千冬は実は弟に目がないらしい その弟は私よりもっと凄くて強いそんな弟が好きだと

ラウラ千冬が回想していた事情を盗み聞いた一夏動揺

一夏が殴られたことを知った 鈴とセシリア ラウラにIS戦を申し込む

山田先生に痛い目に遭わされたにも関わらず相変わらずコンビネーションの悪い二人

行儀よく一人づつラウラに攻撃を仕掛けた結果 遠隔特化のセシリア ラウラに狙われAIC(対象を強制的に空間に固定する兵器 具体的には金縛りみたいなもんかと なお集中しないと出来ない 複数相手やビーム兵器には使用しずらい)を使われフルボッコ

助けに入った鈴もAICでフルボッコ

ボコボコになった所をワイヤーで首を絞められ虫の息

我慢出来なくなった一夏 二人の助太刀にコロシアムに乱入

散々見てチェックしたはずのAICを間抜けにも食らう

シャルが助けに来た所で 水入りとなり 次のタッグトーナメントで決着をつけることに


八話

当然 一夏シャルで組むことになるタッグトーナメント ラウラは一人ということでランダムに一人同士の選手で組むことになる

幸か不幸かラウラと組むことになったのは 優勝したら一夏と付き合うという手前勝手な約束をした箒であった

私もラウラは間違っていると思う 一緒に戦うことは出来ないと 始まる前からラウラにダメだしして足手まとい決定な箒

そして試合当日 案の定おまけ扱いの箒 始めから狙われあっさり落とされる

2対1になったが初めからこのつもりだったとラウラ こちらもそのつもりだったと一夏とシャル

それにしても箒 はなから誰にも相手にされていとは・・・

AICの弱点 複数相手には使い辛い を的確に突きラウラを追い詰めていく一夏とシャル

そんな中 追い詰められたラウラ ヴァルキュリー・トレース・システムを計らずも発動させてしまいISが暴走

ラウラのISが千冬の動きをトレースしていたため 一夏マジ切れ「絶対に許さねぇ」

零落白夜でさくっと倒した所 ラウラの精神空間に一夏登場 ラウラに一言「お前はお前だ!」

事件後怪我から復帰したラウラ 一夏に私の嫁宣言と同時にキス

箒 セシリア 「一夏~~~!!」

隣のクラスから聞いていたのか鈴クラスの壁破壊


九話

臨海学校が決まり 水着をシャルと買いに行くことになった一夏

当然放置されている鈴 セシリア ラウラは一夏をストーキング

そんな中 今までいいとこ無かった箒 我慢の限界に達したのか現在国際的に逃げ回っている姉束に連絡を取り専用機を貰うことを約束

そんな彼女は昔 私は武を自分勝手な我侭で振るっていたが それはいけないと気づきいてから変わったつもりになっていた子である

ちなみに彼女は自分勝手な暴力を振るったこと数知れず その挙句の今回の悔しいから専用機欲しいであった 

手がつけられないとはこのことである


10話

待ちに待った臨海学校 サービスシーン満載だが映像で振り返らない限り見るべき所はない

こちらも待ちに待った箒 ついに束が専用機を持って来てくれることに 彼女に今までの自分を振り返るとかいう精神はないのだろうか・・・


11話

箒専用機 紅椿 なんと未だに実用化されていない第四世代IS(第四世代も何もISでは世代に性能差は大してないので意味は余りない設定である)

案の定調子に乗る箒

挙句の果てに これならなんだって出来る 一夏は私が守るという始末

やっぱりIS世界では 量産期=名も無い雑魚が乗る機体 なのだろうか・・・

そんな中 またもや無人機が暴走し始めたらしい

取り合えず展開に困ったら 無人機が暴走するのがIS世界の定番

調子に乗った箒を危惧する千冬 一夏に「お前が気をつけてやれ」

なお一夏は戦闘で頻繁にエネルギー切れを起こす程 冷静に戦闘を行っていないので土台 箒を気にかけることなど不可能である

無人機が超高速移動するので 一撃離脱出来る白式 超高速移動出来る紅椿 が無人機撃破に向かうことになる

それにしても この世界に軍隊は存在しないのだろうか・・・

他の専用機持ちは現場待機ではなく 作戦本部待機 これでは万が一に援護出来ない

そして こんな緊急事態にも出撃する気配すらない 千冬 山田

無人機への初撃に失敗した一夏と箒 無人機は何故だかよく分からないが逃げないので戦闘続行

これなら他の専用機持ちを待機させておけば戦えたのではないのか・・・

うまいこと無人機の動きを止めた箒

しかし 流れ弾が付近にいた密漁船に 一夏立ち入り禁止区域にいる密漁船を庇う

箒「それは密漁船だ そんなものを守ってもしょうがない」

珍しく箒さんがまともなこと言ってるのだが そこで一夏の反論

一夏「そんな悲しいこと言うなよ」

昔のトラウマを刺激されたか箒 錯乱状態でエネルギー切れ

無人機の的になった所で一夏が庇って 一夏撃沈

特に箒が悪いわけでも無いが みんなの視線は一夏マンセー 箒何してんだよ

海岸で黄昏ていた所に 鈴 セシリア シャル ラウラ

落ち込んで「もう戦わない」と捻くれている箒に向かって 鈴が説教 「諦めたら そこで試合終了だよ!」

無人機が親切にも動かずに待機してくれているので 箒 鈴 セシリア シャル ラウラで勝手に出撃

勿論 命令違反である(命令違反とアニメで言っていたが そもそもIS学園は軍隊では無いのだから命令違反は可笑しい 注意されてそれを無視しただけだと思う)


12話

待ち構えてくれていた無人機と交戦状態に入る面々

いつも通り 一人づつ攻撃し各個撃破される

そんな中 精神世界で一夏 正体不明の者に「力が欲しいか」と言われる

状況は厳しくなっていく一方 果たして箒たちに無人機は倒せるのだろうか(ラウラのAICを頑なに使おうとはしないIS世界の住人)

一夏 精神世界で力を欲して 白式が雪羅にバージョンアップ(IS世界ではこのことをセカンドシフトと呼ぶ)

颯爽と登場した一夏 無人機を圧倒するかと思いきや 無人機もセカンドシフトに 普通に苦戦

そうこうする内に白式エネルギー切れ

一夏のピンチに箒覚醒

紅椿の絢爛舞踏が発動しエネルギー無限に 一夏にエネルギー補給してラストバトルへ(アニメ描写で白式はシールドエネルギー400 紅椿は800 流石にエネルギー量が違い過ぎないか^^;)

なんだかよく分からないがシャイニングフィンガー的な何かで無人機を攻撃

そこから出た零落白夜で刺してジ・エンド

それにしても まさか人が乗ってたらどうするつもりだったのであろうか・・・

命令違反だったが結果オーライで無人機撃破

ちょっと涼みたかったので一夏海岸に行くと(何故か水着に着替えて行く一夏 夜の海は寒いから水着はよせ) そこには箒が(こちらも何故か水着で黄昏ていた) 箒は特に悪くないが一夏謝られ罰が欲しいという箒

そんな箒にデコピンをかます一夏

それじゃあ罰にならない箒といいムードに 流れでキスしかけた所で他のヒロインにばれて終わり




やったね中途半端な感じで終わったよ 二期決定だね!!



もうダメ マジダメ よく俺はこのアニメを完走しきった こんなアニメがBD/DVDバカ売れっていうんだから世の中間違ってるだろ・・・・・・




今の内に言っておく




       / ̄ ̄\   お前のけいおん熱が冷めたようにか・・・
     /  ヽ_  .\
     (●)(● )   |         ____
     (__人__)      |           /      \
     l` ⌒´    |      /─    ─  \ 来月にはみんな存在忘れてるよ
.     {         |       / (●)  (●)   \
      {       /      |     (__人__)     |
      ヽ     ノ、     \    ` ⌒´     ,/
     / |/\/ l ^ヽ     /7             l─、
     | |      |  |    |l           | |




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今日からオタク!!

Author:今日からオタク!!
エロゲ・アニメについて思ったことを書いていくブログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。